利益相反(COI)状態の申告について

学術大会一般演題(会員発表)の発表演題において、筆頭演者は利益相反(COI)の状態を開示してください。

以下、【開示すべき内容】をご確認のうえ、それぞれの状態に合わせてスライドをダウンロードしてご利用ください。

★口頭発表の場合は、発表スライドの1枚目に入れてください。
★ポスター発表の場合は、スライドをダウンロードして、最下部等で明示してください。

【開示すべき内容】

企業や営利を目的とした団体からの収入(診療報酬を除く)

  1. 報酬・給与、ロイヤリティ、日当、原稿料、講演謝礼、その他の贈与で、年間の合計収入が同一組織から 100万円を超えるもの。
  2. 研究費(受託研究、共同研究、助成金、寄付金等)で、年間の合計収入が同一組織から200万円を超えるもの。
  3. 株式、出資金、ストックオプション、受益権等企業についての1年間の株式等による利益(配当、売却金の総和)が100万円を超えるもの、または、当該企業の全株式の保有率が5%以上のもの。

但し、2.については、個人への研究費に加えて、共同研究者または発表者が部署(講座、薬剤部、薬局)の長である場合は、当該部署への研究費は、部署の長の収入として申告・開示する必要がある。