セルフメディケーション税制に関する資材・資料

更新日:平成30年07月31日

平成28年度税制改正大綱が平成27年12月24日に閣議決定されたことを受け、所得税法等の一部を改正する法律が平成28年4月1日より施行されており、セルフメディケーション推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)(以下、セルフメディケーション税制)が創設されました。
本税制は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に自己等のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払った合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額について、その年分の総所得金額等から控除するとされております。
本税制の対象品目については、製品パッケージに下記の共通識別マークが表示され※、平成28年10月1日から各メーカーより順次出荷されています。

セルフメディケーション

※共通識別マークは任意表示なので、対象製品であっても一部表示がない製品もあります。厚生労働省ホームページの対象製品リストを併せて確認ください。

対象製品リストはこちらから(厚生労働省ホームページへのリンク)

また、本税制について、国民向け啓発資材や薬局向け資料などを取りまとめましたので、薬局等でご活用ください。

国民向け啓発資材

薬局・店舗向け資料・資材

関連通知等

その他の参考資料